子育て・孫育て講座

 助産師と孫育ての専門家が、「お子さんやお孫さんを楽しく育てるコツ」を4回にわたって、楽しくわかりやすくお話します。

 子育て中や、出産を心待ちにしているパパママをはじめ、おじいちゃん、おばあちゃん、子育て・孫育てに興味のある方はどなたでも参加いただけます。

!?今と昔の育児に、どのくらい違いがあるの
!?絵本やおもちゃはどのように選べばよいの
!?赤ちゃんの事故を予防するためには、どのようにすればよいの

こんなお悩みを解決致します。
皆さまのご参加、心よりお待ちしております。

【対象】 平成29年5月以降に出生された赤ちゃんのいるお母さん、お父さん、おじいちゃん、おばあちゃん、妊婦さんなど
【定員】 15組(先着順、要予約)
※台東区在住・在勤の方・4回受講できる方優先
【申込】 応募は8月7日 10時から開始します
【日時】 9月1日(金)、10月6日(金)、11月10日(金)、12月1日(金)
13時30分〜15時30分(受付13:00〜)
【費用】 500円(大人おひとり)/4回分
※9月1日会場でお支払いください
【場所】 台東区生涯学習センター 4階 和室さくら
(台東区西浅草3丁目25番16号)

お問い合わせ先:03-3866-3054
(公益社団法人日本助産師会)

※託児はありません。ご了承ください。
※乳児をお連れの場合、授乳、おむつ替えスペースはありますので、ご安心ください。

受付13:00より。4回で1クールの内容です。

13:30〜14:10 14:20〜15:00
9/1(金) 妊娠、出産、育児の違い今・昔
〜祖父母の役割〜

(講師)日本助産師会 助産師
はじめてのおもちゃ選び

(講師)ぼうだあきこ
【NPO法人孫育て・ニッポン】
10/6(金) 母乳育児、卒乳、離乳食

(講師)日本助産師会 助産師
赤ちゃんとのふれあい
体験してみよう!タッチケア

(講師)日本助産師会 助産師
11/10(金) 赤ちゃんの発育・発達のめやすと
注意したい事故予防

(講師)日本助産師会 助産師
事故予防対策のアイディアあれこれ

(講師)ぼうだあきこ
【NPO法人孫育て・ニッポン】
12/1(金) ママと赤ちゃんのための災害への備え

(講師)日本助産師会 助産師
(講師)ぼうだあきこ
【NPO法人孫育て・ニッポン】
はじめての絵本選び

(講師)ぼうだあきこ
【NPO法人孫育て・ニッポン】

☆15:00〜15:30まで個別相談、参加者との交流会を予定しております。

講座の様子

■第1回(5月12日)

 5月とは思えない暑さの中、本日は、妊婦さん1名、お母さんと赤ちゃん6組、おばあちゃん3名が参加して下さいました。
 前半は嶋村助産師より、現代の妊娠・出産事情、子育ての今昔、父親の役割、祖父母の役割について、後半は孫育ての専門家棒田さんより、成長に応じたおもちゃの選び方や、実際のおもちゃを用いて複数の選び方等が紹介されました。おもちゃを見て反応する赤ちゃんの姿がとても印象的でした。
 講座終了後は講座の中の質問に留まらず、お産に関する事や日頃育児を行っている上で疑問に思ったことなど、和気あいあいと話しあいました。

「妊娠、出産、育児の違い今・昔」 「はじめてのおもちゃ遊び」

参加者の声

・祖父母世代が何を知らなかったのか、わかったので理解ができそうです。上の子がいて、いろんなおもちゃに囲まれるのが、当たり前になったので原点に戻れました。(二人目のお母さんより)

■第2回(6月9日)

 心地よい風の吹く中、本日は妊婦さん1名、お母さんと赤ちゃん5組、おばあちゃん2名が参加して下さいました。
  今回は「ふれあい」をテーマに、嶋村助産師より、母乳育児の変遷や母乳育児の方法やトラブル時に対応等ついて、また離乳食や卒乳についてお話されました。岡田助産師からタッチケアの目的や具体的な方法についてお話があり、続いてお母さん方は赤ちゃんたちに、妊婦さんやおばあちゃんは人形を用いてタッチケアを実際に行いました。
  講座終了後は、授乳を行うお母さんと赤ちゃんの姿をとったDVD鑑賞を行いました。

「母乳育児、卒乳、離乳食」 「赤ちゃんとのふれあい体験してみようタッチケア」

参加者の声

・離乳食の進め方、まずは楽しく食べるということを意識して無理なく進めたいと思います。(一人目のお母さんより)
・子どもとのふれあい方が一つでも増えたのでうれしいです。(おばあちゃんより)

■第3回(7月7日)

 本日で3回目となる講座には、妊婦さん1名、お母さんと赤ちゃん5組、おばあちゃん3名が参加して下さいました。
 今回は「事故予防」をテーマに、岡田助産師より、赤ちゃんの発達に伴う事故事例について、ご自身の経験をもとに話されました。例えばハイハイをし、指で小さいものをつかめるようになる9〜11ヶ月では、ナッツ・豆類などの誤飲や階段からの転落、家具の角への接触等に注意が必要であることが話されました。日常的に使われる抱っこひもからの転落の事例についてもお話があり、受講生からは驚きの声が上がりました。

ドアの指はさみ防止グッズの紹介

グループ毎の交流会

 棒田さんからは、家での事故防止のグッズが紹介されました。実際にチャイルドマウスを作成し、赤ちゃんの口に入り、飲み込める大きさを体感しました。身近にあるものが誤飲、窒息、事故の原因になることもあるため、お家の中は整理整頓することが重要であることが話されました。幼児視野体験メガネを使用し、大人とは異なり幼児では視野が狭くなることも知ることができました。
 最後にグループ毎に分かれ自己紹介後、それぞれ子育て、孫育て、グッズのことなど意見交換を行いました。先輩お母さんから、新米お母さんへのアドバイスやメッセージを聞いたり、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

星に願いを・・・・・。本日は七夕でもあり、みなさんで短冊に願いを込めました。

参加者の声

・妊娠中でとてもドキドキした話もあったが、今後の勉強になった。(妊婦さんより)
・未然に防止できる部分は、直ぐに対応が必要だと感じた。(一人目のお母さんより)

■第4回(8月4日)

 5月から開講した講座も最終回となりました。本日は妊婦さん1名、お母さんと赤ちゃん4組、おばあちゃん3名が参加して下さいました。本日は、「備えあれば憂いなし」をテーマに、“ママと赤ちゃんのための災害への備え”と“はじめての絵本選び”についての講座です。
 災害への備えでは、実際に台東区の防災地図を用いて災害が起きたことを想定し、避難場所や給水所を確認しました。東日本大震災で震災直後から現地に赴いた棒田さんから、当時の写真と共に具体的なお話が沢山ありました。もし今災害が起きたらどうしますか、最優先にすることは命を守ることです。ご家族との連絡方法はどのようにしますか、天候や河川の情報はどのように得ますか、カバンの中に何か食べるものは、入っていますか? 今災害が起きたら、それが当面食料になりますと、いつ起こるかわからない災害に対する備えの必要性を説いていただきました。お子さんがいる場合の備蓄品については、いつも食べているもので子どもは安心する事や、自分が母乳育児中でも、一緒に避難したお母さんの役にたつかもしれないので携帯用ミルク1〜2本も災害用備蓄に入れておいてほしいと話されました。
 授乳の時には、バスタオルやスカーフを用いて授乳ケープにすることや、母乳瓶がなくてもスプーンやコップで授乳することができることが可能であり、実際のスプーンでの授乳の映像でみて皆さん少し驚きの表情が見受けられました。また、災害時にも役に立つ“さらしおんぶ”“スーパーの袋で作るオムツ”のご紹介もいたしました。

避難場所を確認しています さらしを用いておんぶを実践中です

 はじめての絵本選びでは、成長段階に合わせて絵本を準備することや、読み聞かせを行う時には、読み終わってもお子さんは絵を見ていることがあるので急がない事などが話されました。読み聞かせでは、じっと絵本を見つめるお子さんもおり微笑ましい光景でした。
 最後の交流会では、全講座を通しての感想を皆さんからお話頂きました。おばあちゃん世代からは、ご自身の育児の経験から、今は沐浴方法など大きく異なることもあったこと、今回の講座を受けお嫁さんと育児のことをお話して距離間が近く感じた事などお話頂きました。ママ世代からは、妊娠中は出産のことを積極的に学んでいましたが、出産後のことはあまり考えていなかったとお話されていました。出産後はお子さんと二人きりで、孤独になることもありましたが同じ年齢のお母さんたちと触れ合うことで元気を頂いたり、先輩ママからは教えて頂くことがとても貴重な機会であった、本当によかったので、友だちにもすすめます、もっとたくさんの人に知って欲しいですね、と話されました。先輩ママからは、第1子の育児の時にもこのような講座があったら、祖父母世代から投げかけられる言動に悩まなくても良かったかもしれないと話して下さいました。妊婦さんからは、講座を受け出産や育児に対して少し不安が和らいだと笑顔で話していただきました。
 月1度の4回の講座でしたが、皆様と共に学ぶことができたことに感謝いたします。ありがとうございました。

講座での学びを皆様で振り返りました 4ヶ月経ち、お子様たちの成長にも目をみはります

参加者の声

・いままでより災害に対する備えの必要を強く感じました。(おばあちゃんより)
・具体的に絵本を見せて頂き、同じ本でも読み聞かせ方の違い等を教えて頂きよくわかりました。(おばあちゃんより)

お申し込みはこちら

*この事業は台東区教育委員会から委託された事業です/
台東区教育委員会生涯学習課 社会教育担当 TEL 03-5246-5821(直通)

このページの最初へ